学習責任者メッセージ

プロフィール

宮城県仙台市出身
高校時代は部活のハンドボールに専念。部活を引退後、偏差値33から東北大学を志望するが勉強不足であえなく不合格。絶対に東北大に進学したいという気持ちから浪人を決意して河合塾に入塾。夏以降の本気の努力の結果、センター試験で87%をたたき出す。
しかし2次試験直前にインフルエンザにかかりまたもや不合格となる。その後合格していた早稲田大学に進学する。多数の学習塾で講師を務めたのちに、教育系サービスの立ち上げに携わり、高校生への進路指導を支援するNPO法人などで活躍。コーチングプラス+を立ち上げ現在に至る。

指導について

偏差値33から偏差値67まで上げた経験や、自身の受験の失敗などを通して「合格に必要なのはカリスマ講師でも、きれいな自習室でもなく、正しい参考書を正しい勉強法で正しい量やること。そしてそれを教えて、支えてくれるコーチの存在」と考えている。

指導生徒の合格実績

京都大学、大阪大学、東北大学、名古屋大学、九州大学、広島大学、千葉大学、山形大学、新潟大学、琉球大学、山口大学…など

早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、明治大学、立教大学、青山学院大学、中央大学、法政大学、学習院大学、同志社大学、立命館大学、昭和女子大学、國學院大學、日本大学、東洋大学、駒沢大学、国立看護大学校…など

受験生へメッセージ

「努力の仕方を知らないだけで、夢を実現できない受験生を救いたい」

およそ半分の高校生が卒業後大学に進学するのが今の日本社会ですが、その中で果たしてどのくらいの人数が本来進学したかった大学に合格することができているでしょうか?

一説には一般受験生の中で受験勉強開始時に志望していた大学に合格することができるのは10%ほどだと言われています。残りの90%は受験前に志望校を変更したり、受験して不合格になっているということです。

ではなぜたった10%という一握りの人間しか志望大学に合格することができないのか?

それは多くの人が「志望校に受かるためにどれほどのレベルの勉強」を、「どのような方法」で、「どのくらいの量をしなければならない」かがわかっていないからです。

高校3年生のAさんは早稲田大学の商学部に一般受験で入りたいと考えているとしましょう。

Aさんは部活動に一生懸命取り組んでいて6月に部活を引退するまではあまり勉強には力を入れていませんでした。しかし早稲田大学に入りたいという気持ちはとても強いです。今までほとんど0に近かった平日の勉強時間は4時間を超え、とにかく実践が大事だと考え、夏ごろからひたすら自己流で早稲田の過去問を解き続けました。

皆さんはAさんは早稲田大学に合格できると思いますか?

私は高確率でAさんは不合格になると考えます。(AさんがIQ180の天才だったりしたら話は別ですが)

上のAさんについての説明文には不合格になると考える要素が3つ存在します。

まず、平日4時間という勉強時間は部活引退までほとんど勉強していなかったAさんにとっては少なすぎます。Aさんが早稲田大学レベルの問題を解けるようになるためにはまずは、高校1~2年生で習う基本レベルの学習から始める必要があります。次に受験初歩レベル、中堅、難関、そしてやっと最難関の早稲田大学レベルの学習をすることで初めて早稲田大学の問題を解けるようになるでしょう。

難易度が上がれば上がるほど次のレベルに進むには時間を要します。そう考えたらAさんに必要な勉強時間は少なく見積もっても平日6時間、休日12時間でしょう。しかしこれは多くの生徒を指導してきた私だから思うことであって、大学受験が初めてのAさんは知る由もありません。Aさんからしてみれば4時間はかなりやっていると考えているでしょう。

次に最初から過去問を解いても、時間と過去問の無駄で成績はなかなか向上しないでしょう。1つ目の理由でもあったように早稲田大学の問題を解くためには基礎的な学習から始めて少しずつレベルを上げていく必要があります。それをせずにいきなり過去問を解いたところで「解説を読んでもわからない」なんてこともしばしばで一向にできる問題は増えません。適切な時期に過去問を使って学習することは非常に効果的な学習ですが、少なくともAさんにとって夏休みから過去問を使うことはほとんど意味がないといってもいいでしょう。

最後にあげる理由は「自己流」という点です。自己流ときくと一見かっこよさげに聞こえますが、自己流の勉強法というのは非常に危険です。多くの良質な参考書にには「このように使ったら成績が伸びる」という使い方が存在します。しかし逆に言えば例えどんなに良い参考書でも使い方を間違えたらなかなか成績は伸びません。

もしかしたらこの文章を読んでいる受験生の方には心当りがある内容があったかもしれませんね。

このAさんのような受験生が沢山いるために志望校に合格できる受験生が少ないと私は考えます。

もし「誰か」がAさんに「4時間じゃ足りないから6時間勉強した方がいいよ。もし一人で6時間勉強するのが難しいと思うならサボらないようにサポートしてあげるよ。」と言ってくれたら、もし「誰か」がAさんに「過去問を解くのは十分な学力がついてからがいいから、十分が学力がつくまでの学習計画を作ってあげるよ。」と学習計画を作ってくれたら、もし「誰か」がAさんに「参考書を使い方を間違えると勉強の意味がなくなってしまうから、Aさんに合った参考書を選んで、使い方を教えてあげるよ。」と参考書を選び、使い方を教えてくれたら、、、Aさんはきっと早稲田大学に合格していたでしょう。

受験生にとってのこの「誰か」になるのが私の願いであり、コーチングプラス+の願いです

多くの受験生にとってどの大学に進学するかはその後の人生を左右する大きな要因です。叶えたい大きな夢があるのに、それが「知らなかった」なんて理由で叶わないのは本当に悲しいことです。

私が、私達が夢を叶えるための知恵を知識を提供し、その努力を最大限サポートします。