共通テストの英語で絶対8割とれる勉強法を紹介!(リーディング編)

今年から始まった共通テスト。特に英語は大きく形式が変わりました。単語数が1200語も多くなり、リスニングの配点が大きく増えました。この共通テストでどうやったら8割取れるのかをプロの講師が詳しく解説していこうと思います。

登場人物紹介

橋浦先生

コーチングプラス+の学習責任者。受け持った生徒の9割が国公立に合格するという圧倒的指導実績を持つ。

こう君

コーチングプラス+の塾生。間違った勉強をしてしまうことがよくある普通の受験生。

共通テストの英語の特徴

リーディング編

橋浦先生

発音問題、文法問題が無くなり、代わりに長文問題が増えました。センター試験よりもスピードが求められ、速読力、精読力の両立が必要です。

こう君

速読、精読どちらもできないです、、!

橋浦先生

普段から長文をやりこんでいないとかなり難しく感じるかもしれませんがしっかり対策すれば誰でも8割はとれるようになりますよ。

2020年度から始まった共通テスト、一言で言えばとにかく英文の量が多くなりました。

センター試験でも見られた日常会話・日常での読み取りを念頭に置いた問題や、図表を含む長文読解は共通テストでも出題されます。

しかし共通テストでは読み取る文章の量が増えたことで、このような問題を解くのにも速読や正確なパラグラフリーディングの能力がより求められるようになります。

さらに文章の分野が増えたことで、より高い語彙力が求められます。

またセンター試験と共通している特徴としては選択肢では本文の言い換えがされています。

そのため一つの問題を解くためには、①長い本文を正確に把握する②問題を解くのに必要な部分を長い本文から適格に見つける③見つけた文の言い換えを考えながら解答を選ぶ

このように共通テストで求められるものはとても高度なものになります!

このようにハッキリと言えばセンター試験よりも基本的に難易度は高いと言えます。

共通テストで得点をとるための対策

6割をとるための対策

橋浦先生

まず模試や共通テストの過去問で6割を取れない人はかなり単語や文法が抜けている可能性があります。ですのでまずは単語と文法を鍛える必要があります。

こう君

単語と文法って言われてもどこまでやればいいかわからないです、、

橋浦先生

単語であればお使いの単語帳の共通テストレベルのところまでで結構です。文法はまずは文法書を完璧にしましょう。

共通テストの勉強をしよう!ってなった時にいきなりセンター試験・共通テストの過去問を解いてできなくて落ち込む受験生をよく目にします。

模試や過去問をといて6割行かない方が共通テストレベルの問題を解いても復習に時間ばっかりかかってとても効率が悪いです。

そのためまずは基礎力向上のためにも、効率よく勉強するためにも単語と文法を重点的に勉強しましょう。

単語帳であれば「基礎レベル」や「共通テストレベル」「難関大レベル」などレベル別になっていることが多いと思います。

まずは「共通テストレベル」までを完璧にしましょう。「完璧」とはすべての英単語を見て瞬時に訳が口に出せるという意味です。

文法はまず網羅系の文法書の「文法」の部分を終わらせましょう。「イディオム」や「会話表現」といった範囲は後回しでいいので、文法の範囲を完璧にしてほしいです。

ここで言う「完璧」とはすべての問題や例文がなぜその形になるか説明できるという意味です。

まとめ

まずは単語と文法を「完璧」に!でないと効率が悪い勉強しかできない!

次に目指すべき7割

橋浦先生

単語と文法が出来るようになれば自ずと点数があがります。特別に共通テスト用の対策が必要になってくるのはここからです。長文を読む力、英語を聞く力を養いましょう。

こう君

長文もリスニングもやっているうちに何が何だか分からなくなってしまします、、

橋浦先生

それは長文やリスニングを何も考えずに解いている可能性が高いです。しっかりと対策すれば必ず7割を超えるようになります。

リーディング編

長文を読む力は3つに分けることができます。

1つ目は「精読力」です。

とにもかくにも精読力がないと英文を正しく理解することが出来ません。

英文を正しく理解するためにまずは「英文解釈」「英文読解」の参考書をやりましょう。

そこでSVOCMを振り分ける力、長い文章でも主語や目的語を正確に把握する力を養うことができます。

2つ目は「速読力」です。

冒頭でも述べた通り、共通テストはセンター試験よりスピードが重視されます。速く読む力がないと最後までたどり着くことすらできないといったことになるでしょう。

そのために共通テストレベルの解説が詳しい長文問題集をやりましょう。そして1回解くだけでなく何回も音読しましょう。

音読を繰り返すことで英文を処理する速さがどんどん上がってきます。音読のペースで普段の長文を読めるようになればかなりの速読力が身に付いてると言えるでしょう。

3つ目は「注意力」です。

長い文章から正確に必要な情報を抜き出し正解の選択詞を選択する、というのが共通テストの問題です。

そのためにはただ「正確に」「速く」読めるだけでは足りません。

注意力を養うためのここで初めて実際の過去問や模試を使うことになります。

まず過去問をといてなぜ間違えたのかをしっかり説明できるようにします。「時間が足りなかった」「ここの文の構造がわからなかった」ということが多い方は「精読力」と「速読力」まだ足りないです。

もっと具体的に間違えた理由を説明できるようなったら、どうやったら同じミスをしないかを考えます。そしてこのことをノートにまとめ日々見返すことで注意力が身に付きます。

この3つをこなすことが出来れば確実に7割の壁を突破することが出来るでしょう。

まとめ

「精読力」「速読力」「注意力」の3つが重要!この3つを鍛えるための勉強をしよう!

最終的に到達したい8割

橋浦先生

7割を超えたらあとはどれだけ問題を解いて力を付けるかです。ここまで書いた方法で勉強していればここからはやればやるだけ点数が上がります。

こう君

具体的にはどのくらいの量を解く必要がありますか?

橋浦先生

1日45分ずつはリーディングの問題を解いて復習する時間として使ってほしいね。

7割を安定的に取ることが出来るようになれば8割も時間の問題です。

しかしただ漠然と問題を解いていても8割には到達することは出来ません。

先ほど述べた、精読力、速読力、注意力を底上げする必要があります。

精読力で言えば、一度読んだ長文で構造がわからない文やすぐに訳が出てこなかった部分をスムーズに訳せるようにすること。

速読力で言えば、試験時間を短くして普段から長文を解くこと。

注意力であれば、回答の根拠をしっかりと持つこと。

これらを意識して問題を解き続けることで必ず点数は8割に達します。

多くの人はこのレベルに至る前に過去問や模試解きまくるのでなかなか点数が上がらなかったりしますが、

しっかりと手順を踏んで、基礎を身に着けた状態であればやっているうちに必ず点数は上がります。

あとは自分の頑張り次第です。頑張って下さい!

まとめ

実践問題を解くときはしっかりと課題をもって取り組むこ!やればやるだけ点数は上がるのでとにかく時間をとって取り組む!

共通テストの英語で得点するためのおすすめの参考書

6割とるのに必要な、、

橋浦先生

単語帳はこれ一冊で十分です。夏までの共通試験レベルの勉強では1500まで、それ以降の学習では1900までを完璧にしましょう。もう一度言いますがこれ一冊で十分です。

橋浦先生

学校で配られた文法書がこれじゃなかったら別に他の奴でも大丈夫です。大事なのは文法を網羅してしているかです。そしてその網羅している文法書を完璧にできるかです。時間はかかりますが必ず完璧にしてほしいです。

次に超える7割

橋浦先生

これをやれば文章の訳し方が大体学べます。計140問が載っていますが、すべての問題を解けるようにしてほしいですね。精読力がかなり変わってきます。当然英文和訳の問題にも強くなります。

橋浦先生

長文の解き方、復習の仕方、構造や文法の解説などが丁寧に書いてあります。レベルに合わせて自分にあったものを選べるので、すべての人に使ってほしいです。上記にもあるように段々解く問題のレベルを上げていく勉強法がおすすめなので300が出来るようになったら500、、次は700とやるのがおすすめです。

目標の8割

橋浦先生

予想問題が豊富に載っているので演習には最適問題集です。他の参考書と比べても解説が詳しいので、解説からしっかり間違えた原因を探っていきたい人にはおすすめです。

最後に

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございます。

共通試験の英語対策の役に立てていただければと思います。

コーチングプラス+ではこのような勉強法や参考書、入試についての細かいアドバイスを指導しています。今年は偏差値を30上げて難関大に合格した生徒もいます。

2週間の無料体験ではこの記事以上の様々指導をすることができます。ぜひ無料体験を受けていただければと思います。

学習責任者 橋浦先生

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。